×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シースリーの注目ポイント

定額7,000円で全身脱毛可能

シースリーは凄いのは、全身脱毛が月7000円という定額で出来る事です。

定額制なので他社だと回数制限あったり、費用が高くなるところが全身脱毛できます。結果的にお得です。

一般的な脱毛サロンでは、最初は安いのですが、追加料金が発生しがちです。ところが、シースリーの場合は何回も回数を重ねないと脱毛出来ない各部位の脱毛を何回でも脱毛できる定額で脱毛できるので安心です。

何回通う必要があるか気がかかりなお薦めです。追加料金なしで満足するまで安心です。

脱毛は毛周期の関係があるので、どの部位でも一度の脱毛では完全に無くなる事はありません。脱毛サロンでは通常は12〜18回通う必要があると言われてます。




安い定額なのに全身53ヶ所もの部位を脱毛可能

∨ラインは、人目に触れるので部位なので、そのような時こそ安全で綺麗に仕上がる脱毛サロンで脱毛するのがおすすめです。

他社の脱毛サロンでは全身脱毛でも多くて30数カ所程度ですが、シースリーが優れているのは

詳しくはこちら

シースリーでは超光速GTR脱毛

シースリー全店舗に国産の高級脱毛機「ルネッサンス」を導入しています。日本人女性の肌質、毛質を考慮しての設計なので、脱毛効果も非常に良く、

詳しくはこちら

店舗移動もOK!引っ越ししても安心

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です

詳しくはこちら

脱毛について豆知識

女性にとっては、月に一度生理がありますが、月経中に脱毛器を使用することは可能でしょうか。月経時はホルモンバランスが乱れているので、肌がいつも以上に敏感になっています。脱毛器で毛を抜くことで肌荒れを起こす頻度が高くなります。また、生理中は脱毛効果が低下するということも囁かれているので、大して効果はでないかもしれません。

女性が脱毛サロンで脱毛をしたいと思っている場合、気がかりに思うことは、生理期間でも大丈夫かですね。これは、それぞれの脱毛サロンによって変わってくるものだと考えてください。生理中でも変わらずに通えるサロンもあれば、一律、禁止としているところもあります。ただ一般的にいって、どちらにしても生理中である時期には、衛生面の問題によってデリケートゾーンを脱毛することは無理です。

永久脱毛であればワキガの改善を望めます。ただし、あくまでニオイを軽減するだけで、完全に治すことはできないと御承知ください。なぜ永久脱毛にするとニオイが抑えられるのかというと、脱毛することによって雑菌の繁殖を出来るだけ抑えるからです。どうしても毛があると、皮脂や汗が混じり合って雑菌が繁殖し、悪臭がしてしまうのです。

ムダ毛の処理をしておくのは脱毛サロンに行く2、3日前に処理しておいてください。処理したばかりだと肌にダメージを加えた状態で脱毛することになるので、肌にはよくありません。ムダ毛処理が得意でない人でも電動シェーバーを使って処理すると簡単、綺麗にできますから、脱毛サロンに通うつもりなら1台持っていた方がベストでしょう。

脱毛器が欲しいと思った時に、最初に頭に浮かぶのが価格でしょうね。一般に、脱毛器は高いものというイメージがあり、生活に余裕のある人しか買えないと思っている人が少なくないはずです。脱毛器には高いものからそれほどでもないものまで色々あるので、値段の差もたいへん異なります。安いものであれば2万円台でありますが、高いものだと10万円を越えます。

キレイモは痩せる脱毛を採用している脱毛ビューティーパーラーです。スリムになる成分配合のローションを使用して脱毛するので、脱毛するだけではなく体が引き締まる効果を実感できます。脱毛と同じタイミングで体が引き締まるので、大切なイベントの前に通うといいかもしれません。月に1度のご来店で他所のサロンに2回通う分の効果があるそうです。

ラヴィは、サロンに通うことなくサロンの施術を受けたかのような脱毛ができる光脱毛器だと言えます。ムダ毛ときれいさっぱりお別れできた、産毛さえも目にしなくなった、2回使用しただけでムダ毛が薄くなったという声をたくさんききます。ラヴィは4万円というお値段で決して安い価格だとは言えませんが、脱毛器に払う値段としてはそんなに高い訳ではありません。

シースリーの詳細をタップして確認

シースリー公式へ